―思い出した。
あいつらは、妹を……未彩を殺した。
怪我をしていたから。死にかけていたから。
理由は、いくらでもつけられる。
だが―許せない。
許容できない。
あいつらを全員―殺してやる。


気がつくと、遊園地のエントランスに立っていた。
「……早くしないと手遅れになるよ。ほら、化け物がすぐそこに――」
その直後、奇声と共に見たことの無い化け物が広場に侵入し、人々を貪りはじめた。
化け物の食欲が収まり、すみやかに去っていった後に生き残っていたのは十二人だった。
「さっきも言ったように、残された人類は、今ここにいるだけなんだ。
でも、ここにいる全員を生き残らせることはできない。だから、これからその人数を……二人にまで減らしてもらうことになる」
続く言葉は、想像を遙かに超えて悪質だった。
「みんなで選ぶんだ。誰が生き残るべきかってことを。そして、誰が生き残るべきじゃないのかってことを」


ストーリー考察

コメントはありません。 ストーリー/コメント?

お名前:

トップ   編集 編集(GUI) 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-25 (火) 15:08:39 (481d)